特定居住用宅地等の評価減

被相続人(お亡くなりになられた方)や被相続人の生計一親族が相続開始前に居住していた住居の土地等を相続または遺贈(遺言)により取得した場合には、その土地等について評価の減額を受けることができます。

面積330㎡を限度として、80%の減額を受けることができますので大きく評価額を下げられます。

適用を受けるための詳細な要件は土地等の取得者や条件により異なりますが、適用できれば大きな効果がありますので、ぜひご活用をご検討ください。