配偶者の税額の軽減

概要

配偶者の税額の軽減とは、被相続人(お亡くなりになられた方)の配偶者が相続や遺贈(遺言による財産取得)により実際に取得した正味の遺産額が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。
1.1億6千万円
2.配偶者の法定相続分相当額

なお、配偶者の税額軽減を適用して結果、相続税額が0円となる場合であっても相続税の申告は必要となりますのでご留意ください。

適用要件や詳細は弊所にお尋ねください。

国税庁HP参照
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm