相続税額の2割加算

概要

相続、遺贈(遺言による財産の取得)や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。)及び配偶者以外の人である場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されます。

具体例

以下の方は相続税額の2割加算の対象になります。

(1)被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した人で、被相続人の配偶者、父母、子ではない人(例:被相続人の兄弟姉妹や、おい、めいとして相続人となった人)

(2)被相続人の養子として相続人となった人で、その被相続人の孫でもある人のうち、代襲相続人にはなっていない人

よって、2割加算の対象とならない方が遺産を相続した方が、全体での納税負担は軽減することとなります。