消費税の軽減税率

来年(2019年)10月から消費税が10%に増税されます。

しかし酒類を除く飲食料品等については、軽減税率(8%)が適用されます。

 

外食については、この軽減税率の対象とはならないため、通常の10%が課税されることとなります。

つまり、食品の販売ではなく食事の提供ということになり、軽減税率は適用されないということですね。

 

では、ファーストフード店等で持ち帰りをした場合はどうなるのでしょうか?

答えは…

持ち帰りの場合は軽減税率(8%)が適用され、店内飲食の場合は(10%)が適用されることになります。

同じ商品を注文していても、適用される税率が異なるというのは違和感がありますが。

 

本日は、生活に直結する消費税のお話でした。