1.贈与税の申告・納税義務

暦年課税

一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額が110万円(基礎控除額)を超える場合には、贈与税の申告・納税義務が発生します。

相続時精算課税

相続時精算課税を適用している場合には、仮に納税額がない場合であっても、財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間に申告をする必要があります。

2.贈与税の申告・納税期限

贈与税の申告・納税期限は、財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間となります。

3.申告報酬

Q&Aに掲載しております料金表をもとに、お見積もりさせていただきます。

Q&A(Q2.贈与税の申告報酬)